ANGELS

感情の不安定さからすぐに解放される食事方法

2019年7月24日

 

こんにちは。

ナチュラルライフを100日行って心も身体も生まれ変わった

NLD angels 伊藤悠花です。(@maybe.i.yuuka)

 

私のキャッチコピー “ナチュラルライフを100日行って心も体も生まれ変わる”

 

体が生まれ変わるというのはいわゆるダイエット的な変化と言えます。

では、心が生まれ変わったとはどういう事を意味しているのか。

 

これは、ピンと来ない人もいると思うので今回はマインドについてのお話をさせていただこうと思います。

 


うつ病の原因の一つは、
脳のエネルギー不足だった!


うつ病は、一言では説明が難しいのですが「脳のエネルギーが欠乏した状態」であると言われています。

 

脳というシステムが作動しなくなることで

 

・憂鬱な気分

・食欲や睡眠欲・性欲などの低下

 

こういった心理的症状を招きさらには身体的な症状も伴うことが言われています。

 

たとえば

 

・頭痛やふらつき

・動悸

・手足のふるえ

・異常な発汗(冷や汗)

・慢性的な疲労や思考力の低下

・湿疹やアレルギー

・関節炎

・目のかすみ

・筋肉痛などが挙げられます。

 

こういった症状はあくまでも一部ですが脳のエネルギー不足が、このような症状を招きうつ病の発症率を上げてしまうのです。

 

脳へのエネルギー供給がいかに必要で多くの現代人は足りていない方が多いということがよくわかりますよね。

 


脳のエネルギー源は、ブドウ糖だけ?!


 

人の体内にある臓器の中で特にたくさんのエネルギーを必要とする脳。

そして、脳のエネルギー源として使われるのはブドウ糖だけなのです。

 

体全体の血糖のうち20~30%が脳で消費されます。

私たち人間は、安静にしていても1日に約100g、1時間当たりだと約4gものブドウ糖が必要です。

 

ブドウ糖は体内に貯蔵できない為、不足しがちです。

そのため積極的に糖補給をして、脳にエネルギーを供給することが大事です。

 

脳に十分にエネルギーが行き渡ることで、人の心を穏やかにする効果が期待され人間関係が良好になること、または集中力や記憶力が上がり仕事、勉強のパフォーマンスがよくなることが期待されます。

 


質の良い糖を積極的にとってしっかりエネルギー化させよう!


 

ここまで、ブドウ糖を積極的に摂取しようとお話ししましたが一つ注意したい点があります。

 

それは、糖は糖でも質の悪い糖には要注意をすること。

ここでいう質の悪い糖とは白砂糖のことです。

 

白砂糖は、精製されているため人間が必要な栄養素であるビタミンやミネラルを失ってしまっています。

そのため、白砂糖は体内のビタミン、ミネラルを不足させ、身体のエネルギーを生み出せないのです。

これは代謝が悪くなりはことにも繋がります。まさに白砂糖はダイエットの大敵です!

 

一方、黒砂糖(黒糖)はどうでしょうか。

 

黒糖は、精製されていない状態のサトウキビ100%のものなのでビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

そのため黒糖を体内に取り入れるとすぐにエネルギーへと変換されます。

 

なので、私は勉強の前後はもちろん頭を使うときはこまめに黒糖を補給しています。

 

現代人の多くが、人に気を遣いすぎてしまう傾向が高いです。

そういった方は特にエネルギーを多く放出しているので、その分のエネルギー補給が必要になります。

 


食生活の乱れが心の状態を悪くしている!


 

私がマインドの変化に気がついた体験談のお話をします。

 

初めてマインドの変化を感じたのは初めてキッチャリークレンズをした時でした。

 

私はキッチャリークレンズをダイエット目的で始めましたが、結果的にマインドの変化の方が衝撃的なことだったのを思い出します。

 

まずは、7日間の体質改善およびダイエットに試みました。

 

1日目は、私にとって楽しみに待っていたイベントのようなものだったので、毎食のキッチャリーを楽しんでいました。

 

2日目、3日目くらいから「心が穏やかになっているな〜」と、自分で気づくようになりました。

 

行動力が上がり、

本を読んだり勉強したり

やる気がみなぎるような気分でした。

 

 

お肉とかパワーになるようなものを食べていないのになぜ、体が元気なんだろうっと思いました。

むしろ、いつもより活発になっていて自分でもびっくりです。

 

このことから、ここで私が言いたいことは”消化への負担を現象することが心の状態を良くする”ということです。

 

キッチャリークレンズは消化への負担が少ない上に栄養が豊富で排泄を促す調味料を使っているスーパーフード

 

今回の経験から、いつも消化にかかるもので自分のパフォーマンスや心の状態を悪くしていたということがわかりました。

 

また、なぜ消化に負担がかからない食べ物が心の状態を良くするのでしようか・・?

 

その答えは、

 

消化にかけるエネルギーを減らし

脳や他の臓器へのエネルギー供給を増やすからです。

 

これはみなさんが経験したことがあるご飯を食べて眠くなる。

ということから説明がつきます。

 

たくさんのご飯を食べることで、消化に負担がかかります。

それは消化するためのエネルギーがたくさん必要になり身体のエネルギーが消化器に集中してしまい、”脳へのエネルギー供給ができなくなってしまった状態”と言えます。

 

脳へのエネルギー供給が途絶えると、何かを頭で考えるのにも困難に…

だから脳は休憩をしようとするのです。

それがまさに眠くなる現象と言えます。

 

消化に負担をかけない食生活を心がけると脳へのエネルギー補給が上手に行えます。

 

そうすることで、イライラしたり疲れたりすることもなくなります。

つまり、心が穏やかになるのです。

 

これをきっかけに、自身の食生活を見直してみてもいいかもしれません。

 

消化に負担のない食事や、身体のエネルギー源となる質のいい糖をとることは心の状態を良くすることに繋がります。


オンライン講座は随時、

通学コースは

8/14,28(水曜)

10/13,27(日曜)

開講です。

 

お申し込みはこちら

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply