ANGELS

消化に意識を向けることで変わった、わたしの食習慣。

2019年11月22日

 

NLDを取りいれて、ホンモノ美容を追求、経絡エステティシャンの三鈴(@0318kirakira)です♡

 

 

一ヶ月程、なるべくお家で料理をして過ごしていたある日。

数ヶ月前までは食べていた某チェーン店のハンバーガーを友人が買ってきたので食べることに。

 

久しぶりに食べてみたらお肉からするにおいが消毒のようなものを感じ、

食べ切ることが出来ませんでした。

 

その次の日も某チェーン店のお寿司を食べたら

数時間後にお腹がギュルギュル〜と痛くなりトイレへ・・・

 

久しぶりに添加物が含まれる物を食べると身体が排出しようとサインを出してきます。

 

 

これに今まで気づきませんでした。

それは私自身が全く意識を向けなかったから。

ナチュラルライフを過ごすことで

身体の変化がわかりやすくなります。

 

ぜひ、添加物フリーの生活をしてみて

身体の変化に意識を向ける時間を作ってみて下さい♡

 


好きなものを好きなだけ食べていた過去


 

私は植物油を使用した唐揚げ、添加物だらけのケーキが大好きでした。

食べている時は脳内に幸せホルモンが分泌され美味しくいただけたのですが、

帰ってきて寝て翌朝、なんだか疲れが取れないなと感じることが多かったです。

 

 

その原因は…

消化がスムーズに行われていなかったから!

 

 

 

食べ物の消化時間知っていますか?

 

果物  約20〜40分

野菜  約1〜2時間

炭水化物 約4〜8時間

タンパク質 約6〜24時間

 

大体、このくらい消化にかかると言われています。

身体が24時間もせっせと消化エネルギーを使って頑張って働いてます。

 

 

お昼はお肉とご飯!

夜もお肉とご飯!

なんだか自分の身体が可哀想になりました。(笑)

 

 

身体は本当に働きマンです!

 

朝だるくなったり起きられないのは

消化にエネルギーを使いすぎていたからなんです。

 

当たり前のことですよね。

自分で自分を苦しめていたのです。

 

 

消化にかかる時間を知り、

皆さんも自分の身体を労ってあげて下さい。

 

そうすることでヘルシーな体を保ち、元気でいられることにも繋がります。

 


食べ合わせを考えてバランス良く食事


 

 

まず食べる物の組み合わせが大切!

消化の時間はどれくらいかかるか分かったところで、考えてみて下さい。

 

 

炭水化物と動物性タンパク質 は

どちらも消化に負担がかかるため、

一緒に食べると消化不良を起こしやすくなります。

 

 

なので、お肉をたくさん食べる時は

ご飯やパンなどの炭水化物は少なめにするか、もしくは一緒に食べないこと。

 

お肉を食べる時にオススメは

おイモ系と一緒に食べること!

ぜひ実践してみて下さい♡

 


食事の時間も気にするように


 

NLDを始める前は娘を寝かしつけた後、

帰宅した主人と一緒に夕飯を食べていました。

「私もお腹空いたし食べちゃお〜!」っと軽い気持ちで

もりもり食べ何も食事内容や時間などに工夫がありませんでした。

 

 

消化エネルギーの他にも寝る時には睡眠エネルギーを使います。

 

 

寝る前に消化のかかるもの食べたりすると?

どうなりますか?

イメージ湧きますよね?

 

 

 

胃に食べ物入ってきた身体は私たちが寝ている間にもせっせと働きます。

消化エネルギーを大量に使うので睡眠エネルギーが上手く使えなくなるので

質のいい睡眠は取れず、翌朝は身体はだるく胃には食べ物が残っている感覚。

 

シャキッと起きられないのです。

 

・・・誰もが一度は経験してるはず!?

 

 

遅い時間に食べるのであれば、

食べない方が朝シャキッと起きられ目覚めもスッキリ!しますよ。

 

 

私自身も食べる時間帯の生活を改善し、

早い時間に娘と夕飯を食べるようになりました。

 

そのおかげでよく眠れますし、朝からパワフルママで過ごせるように!

 

消化と上手く付き合ってみて下さいね♡

 

 


オンライン講座は随時、

通学コースは

1/14、1/28(火曜)

開講です。

 

お申し込みはこちら

You Might Also Like