VOICE

健康オタクが陥った糖と油の落とし穴。子供のアトピーとの関係性。

2019年6月5日

アトピっ子をナチュラルライフで必ず完治させる!

3児の男の子ママ、NLD angelsの荻野美穂(@nldiet_miho_ogino_)です。

 

 

初めまして。

私には11歳・9歳・5歳の息子がおり、

上の子2人は3年前にアトピー性皮膚炎を発症。

お薬を使わずに根本治癒を目指しています。

 

食事療法にて完治を目指しています。

また、古代から伝わる

自然療法の1つであるクレイテラピーを

アロマフランスにて学び、

資格習得を目指し日々勉強しております。

 

 

初めて息子がアトピーになった姿を見てとてもショックで

「給食が原因ではないか?」と思った私は、

いろいろな食事法を試し、免疫学などを含めた学びを重ね、

ナチュラルライフのベースである

「糖を切らさない」「PUFAに気を付ける」

という方法にたどり着きました。

 

今日はどんなことを日常で気を付けたのか詳しくお伝えいたします。

是非、お付き合いくださいませ。

 

ちなみに食を変えた今では

こんなにも改善されています♡

 


アトピーには糖を?!

糖を積極的に摂取して1年半の我が家


元々和食中心の食事を心がけて過ごしていた私は、

肉が悪い!

牛乳が良くない!

糖が良くない!

と今の食生活とは真逆の事をストイックに行い

家族を不調へと導いていました。

いろんなことを体感しそれがなぜ良くない方向に向かったのか

今ではきちんと理解した上で良質な糖を摂り、

PUFAを溜めない体になるようにとナチュラルライフにて体質改善中です。

 

体質改善を行う中で健康オタクや主にアトピーの方が

一生懸命に頑張ってしまいがちなことが『糖質制限』ではないでしょうか?

実は、私もその一人。

「甘いものには依存性がある!」ここに納得し、

甘いものは家以外での付き合いやお菓子などいただいた時のみ。

一時期、家から砂糖がなくなった時もありました。

確かにそういったお菓子を摂取した後は、お腹が張ってしんどくなったり、

子どもたちがイライラしてケンカになったり情緒不安定になっていたので

間違いないと確信していました。

しかし、そんな生活を続けて1~2年経つと、

長男と三男は顔の頬に白斑ができ、主人はどんどん痩せてしまいました。

良いことをしているはずなのに不調が出てくる。

何が間違っているの?と調べる毎日。

 

ナチュラルライフの考案者である万季さんも学ばれている、

代替医療師のVanillaさんに尋ねたところ、

糖が圧倒的に足りず甲状腺機能が低下して起こっているとの指摘をいただき、

今まで『絶対に間違いない!』

と思ってしてきたことがこんな結果を招くなんてと、とても衝撃を受けました。

摂るべきは、体のミネラルを奪われる白砂糖ではなく良質な糖。

 

そこからは一気に方向転換し、家族みんなで黒糖を食べ始め

今まで糖を切らしてきた分、一日で一袋

(その当時食べていたものは一袋300gのものです)を余裕で食べられました。

 

おいしくておいしくて、これを体が求めていたんだと体の声を聞くことが出来たのです。

白砂糖を摂取した時のようにお腹が張ることもなく

子どもたちがイライラしたりもしなかったので、

体が求める分好きなように食べさせました。

 

すると3か月後、

食べる量が安定し、

長男・三男共に顔の頬のところに出来た

白斑が治ったのです!!

あの時、糖を入れなかったら…

私たち家族はずっと不調のまま薬に頼らざるをえない状況になっていたかもしれません。

 

良質な糖は大切なエネルギー源♡

黒糖だけでなく、蜂蜜や果物も良質な糖です。

体感を得たからこそ、体の不調をどうにかしたい方や

子どもさんやご家族の体質改善をしたい方に自信をもってオススメします^^

 


オメガ3は本当に体に良いもの?


私が子どもたちのアトピー改善に向けて行ってきた、大きな失敗がもう一つ。

それは『オメガ3の摂取』です。

健康オタクの方なら一度は必ず通る道かもしれません。

世間でもよく知られている健康法ですが落とし穴が・・

「オメガ6が炎症の元となり、

オメガ3は炎症を抑えてくれる!」

これは悔やんでも悔やみきれませんが、確かに炎症を抑えるのは事実なのです。

私はPUFAの中でも主に植物油脂には気を付けていました。

オメガ3で有名なアマニ油にも手を出すことはありませんでしたが、魚もオメガ3です。

抽出したものではないので絶対に大丈夫だと糖を避けていた時のように確信し、

魚の食事でアトピーを治そうとしていました。

 

息子たちは同じ年(長男が小学3年生・次男が小学1年生)のほぼ同時期にアトピーを発症。

次男に関しては、小学校に入学して2週間も経たないうちに皮膚を掻きむしって

痛いと泣くほどのジュクジュクのアトピーになりました。

長男は小学校に入学して給食を食べだすと

「肉は見るのも嫌!」と大好きだった肉を食べなくなり、

家では魚を好んで食べるようになりましたが花粉症も同時に発症。

それが2年、続きアトピー発症に至ります。

給食を食べていても次男のようにすぐにアトピーを発症しなかったのは、

魚を食べていたからだと思うのです。

体が目に見える炎症を起こさないように耐えていてくれたのだと思います。

 

しかし、オメガ3は一時的に炎症を抑えることが出来ても

『治す』ということは出来ないのです。

実際に1年半の間、魚の食事を続けたことで

息子たちのアトピーは見た目はキレイになりましたが、

またしても今までになかった不調が家族に訪れるのでした…

 

私と長男と三男は頭皮に脂漏性湿疹が出来たり、

主人はやせ型なのですがさらに痩せ、

頭皮からフケがたくさん出るようになってしまったのです。

 

次男は我が道を行く子で、魚料理は初めこそ食べてくれましたが次第に

「魚は飽きたから、肉のおかず作って!」と一人別メニューを食べていました。

そんな彼は顔色も良く、生き生きとしていて元気なのです。

その後、長男が給食から弁当持参になり

自ら肉のおかずをリクエストしてくれるようになったこと、

オメガ3がまた炎症の元になるとの学びで魚に気を付け、

肉中心の食事を行い1年半・・。

私と長男と三男に出た脂漏性湿疹はキレイになくなりました♡

主人は体重が戻り、頭皮からたくさん出ていたフケも出なくなりました♡

オメガ3の摂取を控えた、私たち家族の体感です^^

 


大切なのは
ホリスティックに眺めること


私は昔からこれがいい!!と思うと、とことん実行する人でした。

それまでにたくさん調べて、石橋を叩いて叩いてさらに叩いて渡る人。

「失敗したくない」この気持ちが強いが故に、時間をかけて学ぶのですが、

糖にしろオメガ3にしろ一つの情報だけにフォーカスし囚われてきました。

 

物事をホリスティックに見ること。

物事を全体的なところから捉える力をつけること。

 

これはナチュラルライフの考案者である万季さんが一番大切にし、

たくさんの方へ伝えていることです。

私はたくさんの失敗を繰り返し、家族を不調に巻き込みながら

軌道修正をし体感を積んで来ました。

それはそれで貴重な体験をしてきたと思いますが、

ナチュラルライフにはもっと早くにたどり着いていたらなぁと思うくらい、

どんな方でも

心も体も健康的に元気に過ごすための提案がたくさん詰まっています。

 

心も体も必ず変化します。

ナチュラルライフを生活の一部へと取り入れて、いろんな方にたくさんの変化を感じて欲しいです♡

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply