ANGELS

子どものイヤイヤを解消!原因は食事!?母乳育児によって知る消化の大切さ

2019年7月10日

 

こんにちは。

 

不調は体からのサイン。ナチュラルフードで体質改善へ。

NLDangelsの平川悠です。(@haru_chi61

 

 

Angelsの活動をさせていただく前から、私自身どんなことを感じるのか楽しみにしていました。

 

NLDの学びを生活に取り込み変化したことを発信させて頂いていますが、ありがたいことに自分の思いを再確認するきっかけとなっております。

 

このようにSNSで繋がり、NLDによってご自身を大切にする人たちが増えると想像するだけでワクワクが止まりません❤

 

今日は母乳育児を続けて改めて食事の大切さを知ったことをお伝えさせていただきます。

 


母乳育児を続けて2年で
ようやく実感したこと


2歳になる娘は、まだまだ母乳が大好き❤

 

母乳はママと子どもとの最高のスキンシップですよね。

 

ここまで続いているとは思っていなかったのですが、NLDを始めてからますます母乳は出るようになり、ゴクゴクと音を立てて飲むほどです。

 

 

娘の母乳以外の食べ物は、白米、さつまいもが大好きで、お魚、お肉をよく食べますが、お肉はエキスだけ吸って飲み込まずに出すことがほとんどです。

 

最近の子育て事情は、早めの離乳を進められています。

 

私も娘が1歳になる頃に行った、集団検診では「栄養がなくなってくるのでそろそろ辞めるように」とアドバイスを頂き、当時は、母乳に対しても何も感じていなかったので断乳をやってみようとした経験もあります。

 

もちろん、娘が大泣きをして続きませんでした。(笑)

卒乳を進められた通りにする事がママや子どもにストレスになるのであれば、それに従うことは必要ないと思っています。

反対に母乳がいいからと無理に続けることはないと言う事ですよ(^^)

 


子どものぐずりの原因は?
お腹の不快感からくるイヤイヤ期


母乳の素晴らしさは万季さんも伝えられていますが、1歳を過ぎると「母乳に栄養がなくなる」と思われている方も多いようです。

 

私も少し前までは「栄養というよりスキンシップ」という意識でした。

 

母乳育児を続ける中で起きた現象は、1歳後半から、娘は突然ぐずったり、不機嫌になってどうあやしてもダメと言ったこと。

抱っこでも授乳でもなく、終いには私の顔を叩く。

もうお手上げ状態です・・・。

 

そうしていると、部屋の隅っこに行って顔を赤くさせながら踏ん張り始めます。

うんちが出たのです。

お腹の不快感で泣き、固めのうんちで顔を赤くさせていたようです。

 

イヤイヤ期と言うと聞き馴染みがあるかと思いますが、

 

「子どもの未消化」もその大きな原因のひとつ。

 

そこまでは分かっていても変え方が分かりませんでした。

ご飯食べるようになったからこんなものかな?

毎日排便しているし、便秘ではないだろう。

と、どこかで折り合いをつけていました。

 

ところが、ある日を境に娘の排便はとっても健康的な色と柔らかさに変わり、気づいたらうんちをしているのです。

泣き叫ぶこともなく、顔を真っ赤にすることもなく。

スマートな顔をしているので気がつかないくらいでした。

これまでのぐずりはなんだったの!?と思うほどです。

 


子どもの排便で確信。
キッチャリークレンズの効果と消化の大切さ


 

その境とは3日間の キッチャリークレンズ

液体である母乳の質が、私の食事でこんなにも子どもに影響があるのかと驚きを隠せませんでした。

 

なぜなら私がキッチャリーを食べたということ以外に、娘の食生活は変わっていないのです。

 

一瞬でもうんちの固さは「保育園の給食が原因かしら?」と外のせいにしかけていた自分が恥ずかしくなりました。

いかに家庭の食生活が大切かということですね。

 

キッチャリークレンズをすることで、1歳を過ぎても私の母乳がそのまま娘へ移行するということが良く分かった現象です。そこには母乳の質が良い状態であることも大切でこの経験のように娘の排便が教えてくれて気がつくことが出来ました。

 

 

また、終えた後もこの状態を保ちたいと思い、私の食事を消化しやすいものを意識するようになりました。

栄養たっぷりのスープを作ったり、グルテンを控えたり。

とにかく消化に良い物!をテーマに食事をしています。

 


それからの私の食事に対する意識変化


 

母乳の質を良くする食事を選んでいる自分にもメリットがあります。

食べ物の消火活動をする胃腸の負担を軽くすることで、自分にあるエネルギーを使い切るのではなく、体内の疲労回復にまわすという意識があります。

 

そのおかげで、衝動で選んでいた外食のメニューも自分が今食べられるものを選べるようになってきました。

例えば、パスタやピザが大好きだったのですが、今は一口で満足したり、または香りだけで満足できています。

 

次第に食事後の眠気に襲われることもなく、翌日の疲労感が激減しました。

このように母乳育児を通して学ぶことがたくさんあり、娘が欲しがるまでとのんびり考えていますが、つい最近、奥歯が生え始めているのを発見しました。

 

生えているのが痛く感じるのか、口を指さして「イタイ」と泣くこともありますが、本格的に離乳の準備が始まっているのですね。

 

それまで私も娘との授乳期間を楽しみたいと思います❤


オンライン講座は随時、

通学コースは

8/14,28(水曜)

10/13,27(日曜)

開講です。

 

お申し込みはこちら

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply