ANGELS

家族や自分自身に「ありがとう」が言える私に。

2019年11月13日

 

ケミカルお菓子が大好きだった女の子2児の母

NLD angels 安齋千華子(@chikako.anzai)です。

 

私がNLDを学びはじめたのは

万季さんの発信やNLDを実践している方の体験、

自分自身がダイエットモニターをさせていただいたことがきっかけですが

 

単純に痩せることだけにフォーカスしたダイエット方法でなく、

心の部分を重要視していることが大きなポイントでした

 

 

 

NLDは心も体も変化をします。

窮屈で我慢をするようなダイエットではありません。

 

 

 

 

思考が変わったり、意識が変わっていくことで

心地よい感覚がわかるようになり、それが癖になっていくのです。

 

 

時々前の自分に戻ったり、無意識に行動してしまうこともありますが

一度心地の良い感覚がわかると、また戻っていくことができます。

そんな経緯をレポートしたいと思います。

 

 


全意識を食事に集中させる


 

 

例えば、ご飯を食べるとき。

 

スマホをいじりながら…とか、食べている最中に思いついて、メモしながら食べたり…とか。

忙しいを理由に、サッサと食べて片付けたい!という思いもあり、

食事に100%意識が向いていないことがほとんどでした。

 

 

 

私はキッチャリークレンズを行っていますが

キッチャリークレンズの注意事項に記載されていることの中に、

 

・食事を始める前に内側からリラックスをする。(深呼吸)

・食べることに集中する。(テレビ、携帯など~ながらは×)

 

などの記載があります。

 

 

食事中の意識が大切であることを知りました。

 

 

以前食に関する記事で、ケミカルお菓子の暴食癖について書かせていただきましたが

暴食しているときって、全然味わっていないし、早食いだし、ながら食いだし・・・

ただ胃の中に食べ物を入れているという感覚で満足感もないです。

 

食べることに意識を向けることで、満足感は得られ、暴食も防げると思います。

 

食べるときに五感を意識することも大切だと思います。

 

 

目で見て、料理するときの音や食べているときの音やにおい、

味や触感を意識すると、より一層満足しますね。

 


小学二年生の長女と向き合う


 

食べることへの意識も大切ですが

普段の言動や「自分はこういう状況になるとこうなりやすい」などの自分の癖を知り、

それらを意識することが大切だと思います。

 

 

私の娘は現在小学2年生ですが

小さいときからやんちゃで活発、ヤダヤダばかりの幼少期。

 

 

創造をはるかに超えた育児で、楽しいはずの子育てが苦痛に感じることもありました。

 

 

人と比べてはいけないですが、

ママの傍から離れずにおとなしい子、迷子にならない子、

公共の場で寝っ転がってヤダーと叫ばない子、

ママ友とお茶しているときに、おとなしく座っていてくれる子を見ては

羨ましく思ってしまっていました。

 

 

 

 

 

先日娘とケンカになり、ケンカの内容は忘れてしまったのですが(笑)

ケンカした後に娘が〝ママのリスト″というものを渡してくれました。

 

 

そこには4つの項目が書かれていました。

 

①ママのわるいところ

②ママはなぜおこる?

③ママごめんね

➃ママがおこっちゃう理由

 

そしてこのリストの表紙に「おこったらしんこきゅう!」と書いてあったのです(笑)

ママが怒る理由とその改善策まで書かれていて、NLD学んでないよね?なんて思ったほど…(笑)

 

 

NLDを学び始めてから、

私自身自分の感情と向き合うことを意識しているので、娘にも伝わったのかな?

子どもは親の言葉よりも行動を見ているな~と実感しました。

 

 

感情的に怒ってしまうこともまだまだありますが

自分の感情、娘の感情、そのときの状況など、色々なことへ意識を向け

毎回、自分とも娘とも向き合うことで、母と娘がお互いに分かり合えるようになってきたと思います。

 

そして、他の子と比べることなく、娘の性格を大好きになっていきました♡

 


すべてのことに感謝ができる自分に


 

今までも、感謝は大切だと思っていました。

でも、一番身近な家族に感謝を伝えられていたかな?

そして、自分自身にも感謝を伝えられていたかな?

 

毎日の生活が当たり前ではなく、今日こうして生きていること、

ご飯が食べれること、子どもと笑顔で話せること、

すべてに感謝の気持ちを持てる自分でありたいな。

 

NLDを学んで、そう思えるようになりました。

 

 

 

 

自分に感謝なんて「???」という感じでしたが、小さいことでいいんです。

 

 

 

今日一日自分はここを頑張れた!っていうことが必ずあると思います。

 

 

そこにも意識を向けて、自分を労われるようになったら、自然とまわりにも感謝できると思います。

 

 

 

 

 

 

リビングのテーブルの近くに、家族一人一人の約束事を書いて貼っているのですが

そこにも〝ありがとう″という文字を書いています。

 

 

パパは何も言いませんが、やっぱり目の付く場所に書いてあると、違うのかな?と思っています。

 

 

この記事をまとめていながらも、

まだ意識しなきゃいけないこと、感謝すべきことがあるな~と反省していますが

日々振り返り、意識と感謝を大切に。

 

自分からたくさんの〝ありがとう″と言うと、自分自身が一番ハッピーでいられますね。

 


オンライン講座は随時、

通学コースは

10/27、11/10(日曜)

開講です。

 

お申し込みはこちら

You Might Also Like